[達磨さん転んだ/チンジャオ娘]日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第7話のネタバレ

 

男子に犯されそうな女の子

 

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜

 

第7話「オレ赤ちゃん産んでよ!」火照った身体は河の水でも冷めなくて

 

 

 

第7話のネタバレをご覧ください。

 

 

 

bookliveコミックのみの独占配信中

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

会員申し込みいらずで無料のお試し読みが可能です

 

 

 

 

 

第6話の感想はコチラ

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第7話のストーリー

4人は川で水遊びをやっている。

 

 

 

涼音も愛美も純白衣服を着用しているが、水遊びで濡れてしまった衣服は透けております。

 

 

 

白い衣服の真下にはなにひとつ付けていない2人は、ハリのあるおっぱいとピンクの乳首がキッチリ見えております。

 

 

 

水岸で横になって水遊びでくたびれた体を休める愛美と涼音。

 

 

 

タケルとヒロトは足もとが水に侵入したまま、愛美と涼音に挿入し、射精すことになる。

 

 

 

射精した後は、愛美と涼音がフェ〇をやって、ふたたびチ〇ポをおっきくする。

 

 

 

そうして、またしても挿入して、射精…

 

 

 

この繰り返しでありました。

 

 

 

愛美と涼音は、手と手がピタッとくっ付く距離に並んだ状態のもとで抱かれております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「都心にもどらないでず〜っとここで過ごそうよ」

 

 

 

「お嫁さんに来て、俺のあかちゃんを生んでよ」

 

 

 

タケルが涼音に挿入しつつ口にする。

 

 

 

 

 

涼音は過激に突かれて、

 

 

 

「うん、イク」

 

 

 

と応答する。

 

 

 

「涼音は俺の彼女なんだから外の男の人とエッチするなよ!」

 

 

 

タケルが口にする。

 

 

 

「タケちゃん」と呼称していた涼音は、徐々に「タケル」と言う様になっていました。

 

 

 

涼音のおま〇こからは、何回もなか出しされて精液があふれ出ていました。

 

 

 

ヒロトもこの情景を目にしております。

 

 

 

もうすでに弟に恥じることはなく、ものすごくおま〇こを広げる涼音でありました。

 

 

 

 

 

涼音はタケルのチ〇ポをフェ〇をやっている。

 

 

 

タケルはすごく開いた涼音のおま〇こを指でいじくっております。

 

 

 

旦那ぶって涼音に指し図するタケル。

 

 

 

涼音は実直に応えておりあたかも奥さんみたいだった。

 

 

 

「涼音!もっともっときつく吸えよ」

 

 

 

「しっかりとしゃぶらないとまたココイジメちゃうぞ!」

 

 

 

タケルは涼音のクリ〇リスを指でつねり上げる。

 

 

 

タケルのものを口に咥えつつ「んぐぐぐ…」と声を上げて感じられる涼音。

 

 

 

涼音のおま〇こはタケルのチ〇ポに合わせてでかくなり、カタチも変わっていた。

 

 

 

もうすでにタケルの所有物になった姉のおま〇こをじっと見つめるヒロト。

 

 

 

タケルにクリ〇リスをいじられております姉のおま〇こを考えながら、愛美の口に射精してしまうヒロト。

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第7話の見所

見どころはとにかく、涼音のおま〇こであります。

 

 

 

もうすでに弟に見られる状況にも反抗を感じられなくなっている涼音であります。

 

 

 

タケルが何度もなか出しをやって中より精液が溢れ出ていることをヒロトも目にしているわけです。

 

 

 

 

 

涼音が足をすごく開いておま〇こをあらわのまま、タケルにクリ〇リスをいじられているのです。

 

 

 

そうして、感じながら口ではタケルのものをフェ〇をやっている、この情景はもう一番おすすめです。

 

 

 

涼音がチ〇ポを咥える状況がエロいと言えます。

 

 

 

更に、すごく開いたおま〇こがかなりエロいと言えます。

 

 

 

タケルとのセ〇クスでタケルの所有物と化して、でかさも拡大してしまった感じが伝わってくるのです。

 

 

 

この部分があの涼音のおま〇こだ…と考えると、亢奮します。

 

 

 

こちらの一コマはエロくて楽しむことができると思われます。

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

会員申し込みしないでも無料のお試し読みが可能です

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第7話の思ったこと

川で水遊びをした後、愛美と涼音の服が透き通っております。

 

 

 

二人はブラジャーも下着もつけていないみたいです。

 

 

 

ほとんどすべて透けてしまった衣服からは、でかくてハリのあるおっぱいや可愛い乳首が見えることになります。

 

 

 

こちらの情景は体が水でびっしょり濡れているというのも有って、二人の体が美しく映ってお気に入りです。

 

 

 

惹きつけられるシーンです。

 

 

 

この度のストーリーで、ダントツにエロくて高ぶったことは、タケルにいじられる涼音のおま〇こだと言えます。

 

 

 

おま〇こにはぼかしが含まれていますが、何回もセ〇クスした涼音のおま〇こが拡大している感じがぼんやり伝わってくるのです。

 

 

 

初めての挿入においてはキツキツであったけれども、もうすでに拡大してしまっているおま〇こだということです。

 

 

 

タケルより変形させられて、タケルの所有物になったおま〇こ。

 

 

 

女子はこのように、男子に合わせて形が変化するそこの所が亢奮します。

 

 

 

タケルのプロポーズ?を信じてお嫁さんにイクと言う涼音でありました。

 

 

 

いままで「タケちゃん」であった呼び方が途中から、「タケル」に変化したことも、カワイイと思いました。

 

 

 

涼音もタケルの事が好きになったと言えますね。

 

 

 

クリ〇リスを力いっぱいにいじられてアニマルというような声をだしつつ、フェ〇をやる涼音が言われるがままでたまりません。

 

 

 

旦那に奉仕する奥さんみたいです。

 

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

第8話の感想は次回!