[達磨さん転んだ/チンジャオ娘]日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第6話のネタバレ

 

男子に犯されそうな女の子

 

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜

 

第6話「まるで動物みたい」田舎の自然の中でセックスに耽る少年少女

 

 

 

第6話のネタバレをご覧ください。

 

 

 

bookliveコミックのみの独占配信中

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

会員申し込みいらずで無料のお試し読みが可能です

 

 

 

 

 

 

 

第5話の感想はコチラ

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第6話のストーリー

両親達が自宅にいるお蔭で、セ〇クス遊戯することができない4人。

 

 

 

セ〇クス遊戯を行うために、虫とりに行ってみるとウソをつき、森の中にお出掛けして行く。

 

 

 

ガラガラ状態の神社に到着するとお賽銭箱の目の前でいち早くパンツを脱ぐ愛美と涼音。

 

 

 

愛美と涼音はバックの方より挿入していただこうと、二人立ち並んでけつを突き出す。

 

 

 

愛美と涼音はすぐ横に並んでいる。

 

 

 

自然のなか、露わになっております二人のおま〇こ。

 

 

 

涼音は弟の視線が気に掛かる。

 

 

 

「ヒロ、こちら側みないで!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛美は左手でけつを伸ばして、おま〇こにチ〇ポが入り易くしまして、挿入を待ち望む。

 

 

 

ウズウズして挿入を待ち続ける愛美。

 

 

 

挿入されればあまい声をたてる愛美と涼音。

 

 

 

 

 

タケルとヒロトは競争する様に、パンパンと音を立てて過激に腰を振る。

 

 

 

おま〇こにチ〇ポが慣れてきた。

 

 

 

「ヒロ兄、どちらの方が先に相手をイカせられるか競争しよう!!」

 

 

 

タケルが言いだす。

 

 

 

この言い方は挑戦的で意気揚々。

 

 

 

そうして、タケルとヒロトはイカせる競争をスタートする。

 

 

 

タケルはより一層過激に手加減することなく腰を振る。

 

 

 

ぐちゃぐちゃな涼音のおま〇こ。

 

 

 

タケルのチ〇ポにおま〇こをぐちゃぐちゃにされた上で、強引に使われている姉を思って、いきり立ちを覚えるヒロト。

 

 

 

自分自身の方が年上ですし、負けたく無い!と他に負けじと腰を振る。

 

 

 

タケルのチ〇ポで感じられて、アニマルと同じ様なはしたない喘ぎ声をたてる涼音。

 

 

 

挿入の興奮で足ががくがくして来まして、体が砕けていきそうな程感じている。

 

 

 

 

 

 

タケルは涼音の体を熟知してきており、命令トーンでしゃべるように変化していたのです。

 

 

 

いずれにしても、姉とセ〇クスしておられるタケルの事が気掛かりなヒロトでありました。

 

 

 

 

 

野外によるセ〇クスは家の中と違い、4人にとっては刺激的。

 

 

 

解放感のなか、普段より開放感あふれるセ〇クスを楽しむ。

 

 

 

 

 

競争は同点…

 

 

 

4人あわせてイッてしまったのです。

 

 

 

勝敗がつかず、すぐさま二回目のセ〇クスに取りかかる。

 

 

 

幾度となくセ〇クスしてしまう4人。

 

 

 

 

 

虫とりに行ってみる、と言って出かけて来た手前…証拠の虫とりをスタートさせる4人。

 

 

 

虫を探索していたと考えていますと、木の陰に人影を見つけ出すヒロト。

 

 

 

これはタケルと涼音でありました。

 

 

 

ひざまずいてタケルのものをフェ〇する涼音でありました。

 

 

 

タケルは年上の涼音をくまなくリードしていたのです。

 

 

 

命令口調でタケルに教えられたことにおとなしく従う涼音。

 

 

 

涼音の口はオ〇ホと同じ様に強引に利用されていた。

 

 

 

くやしい感情でじっと見つめるヒロト。

 

 

 

そうして、涼音の口の中においてたくさん射精するタケル。

 

 

 

一滴も余すところなくに精液を飲みきる様に涼音に指示をする。

 

 

 

涼音は実直に従って、タケルの精液を丸飲みする。

 

 

 

のんだあとの口のなかをチェックされる涼音。

 

 

 

自身の精液は「きたない」といったくせに、タケルのは実直にのんだことにジェラシーを感じるヒロトでありました。

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第6話の見所

6話の見どころはいっぱいあります。

 

 

 

ここに至るまでのストーリーもエロいけれども、6話はなお一層グ〜ンとエロくてそそられたのです。

 

 

 

ベストだと思います!!

 

 

 

ダントツにエッチだったことは、タケルの精液を飲みこんだあとの涼音の口の中です。

 

 

 

タケルが飲み込んだかチェックする理由で口を開けさせますが、ココの一コマはもうエロくてやばいと言えます。

 

 

 

リアルすぎだと言えます!!

 

 

 

ぜひとも実際に漫画に目を通して、亢奮して下さい♪

 

 

 

 

 

更には、お賽銭箱の目の前でバックの方より挿入されてしまう愛美と涼音の体付きもエロいでしょう。

 

 

 

同じ様にバックの方より挿入されていますが、愛美と涼音の体位が異なっています。

 

 

 

感じている時、女子の体の動きにおいては個人個人で差が見られる事がうかがえます。

 

 

 

私一個人としては涼音の体位にそそられたのです。

 

 

 

タケルは小麦色のお肌、ヒロトはお肌が白くてか弱い印象を受けています。

 

 

 

こうした正反対の二人がバックの方より思い切り挿入する状況も見ものと言えます。

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

 

会員申し込みしないでも無料のお試し読みが可能です

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第6話の思ったこと

話が進行するたびにぐんぐんとエロくなっていくのです。

 

 

 

とりわけタケルのステップアップが驚きです。

 

 

 

バックの方より涼音に挿入する状況などは、タケルの余裕さえも感じ取ります。

 

 

 

涼音のケツを固定しておく手付きがいやらしくて震えるくらいです。

 

 

 

更には、どちらの方が先に相手をイカせられるか競争しようだなどという…

 

 

 

タケルとヒロトからしたら、セ〇クスはすっかりお遊びですね。

 

 

 

タケルは涼音に向けての口調が命令口調となってきたようですし、呼び捨てにもしていきます。

 

 

 

涼音のほうが年上だというのに、タケルのいいなりであります。

 

 

 

姉のそのような姿を目にして、タケルに怒るヒロトがカワイイと思ったのです。

 

 

 

可愛らしい姉のことを意識しているんだよね。

 

 

 

見所のところにつきましても紹介しましたが、6話でダントツに亢奮してヤバかった点は精液をのみ込んだ後の涼音の口の中の描写だと言えます。

 

 

 

マジにやばいです!!

 

 

 

リアルすぎでございます!!

 

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

 

第7話の感想は次回!