[達磨さん転んだ/チンジャオ娘]日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話のネタバレ

 

男子に犯されそうな女の子

 

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜

 

第4話「ウチたちも…しよ?」姉を捧げた代わりに抱く従姉弟の身体

 

 

第4話のネタバレをお教えします。

 

 

 

bookliveコミックのみの独占配信中

 

無料試し読みはコチラ

 

 

メンバー登録いらずで無料のお試し読みが可能です

 

 

 

 

 

 

 

第3話の感想はコチラ

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話のストーリー

中には出さないで!!

 

 

 

涼音がいいましてもタケルは抜きません。

 

 

 

テキトーになか出しに手をだすタケル。

 

 

 

涼音は受胎を懸念している。

 

 

 

「タケくん今直ぐに抜いて…あかちゃんが…」

 

 

 

と呟く。

 

 

 

タケルは射精したままの状態で涼音にキスをおこなう。

 

 

 

このキスはジリジリと濃密となって行って、各々の舌と唾液が交ざり合う過激なものでした。

 

 

 

眼をつむりキスをやる涼音は頬が赤くなって、自身からも舌を絡めていたのです。

 

 

 

中に出された事はビックリだったけど、セ〇クスの余韻につかっていたのです。

 

 

 

こんな姉を目にして精神的ショックを受けるヒロトでありました。

 

 

 

感じてる涼音とタケルを冷静に見ております愛美とヒロト。

 

 

 

クチュクチュといった音がしまして、この音の方を確認するヒロト。

 

 

 

愛美が自身の指でおま〇このなかをいじくっていたのです。

 

 

 

そうして、自身から衣服を脱ぎ、布団に横となって自分自身からおま〇こを広げる。

 

 

 

ヒロトは愛美のピンク色の割れ目にチ〇ポを差し込もうと試みるが…入って行かない。

 

 

 

挿入するポイントを勘違いしていたのでした。

 

 

 

正しい入り口をレクチャーしてあげる愛美。

 

 

 

愛美のお肌は小麦色に焼けていますが、おなかやおま〇こは純白な色をしていたのです。

 

 

 

ヒロトのものが深く入り込むと、キツイ表情をしてしまう愛美。

 

 

 

生まれて初めての挿入でキツイけれども、

 

 

 

「あまり…痛くはなかったよ…」

 

 

 

とヒロトを気づかいする。

 

 

 

苦痛と一緒に、チ〇ポでなかをかき乱される気持ち良さを堪能する愛美。

 

 

 

これがエッチなのだ…と考えていた。

 

 

 

でっかい愛美のおっぱいに吸いつくヒロト。

 

 

 

おっぱいを吸われつつなかをぐちゃぐちゃとされて、愛美も感じた事がない気持ち良さに震えていたのです。

 

 

 

姉の涼音も中で出されたのだから、ぼくにしても…

 

 

 

ヒロトも愛美の中において射精してしまう。

 

 

 

 

 

そしてある時、両親達はショッピングにお出掛けして行く。

 

 

 

こどもたち4人は留守番しなければいけないことに…

 

 

 

おとな達がいないところで、学習したばかりのセ〇クス遊戯をしようと考えます。

 

 

 

両親がお出かけすると早速涼音とセ〇クスしてみたいタケル。

 

 

 

タケルのアソコはびんびんに勃っていたのです。

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話の見所

タケルになか出しなされて、今直ぐに抜いてほしいけれど…

 

 

 

しかしチ〇ポを入れられた状況のキスが気持ちよすぎて、無心で味わっている涼音の顔がエロくてお気に入りです。

 

 

 

射精させたタケルのチ〇ポが脈打つことをなかで感じつつ、唾液のまじり合うキスをやっている涼音の顔つきは「女!!」だと言えます。

 

 

 

年下のタケルにより、ここまで感じてしまいました涼音がやるせないくらいカワイイでしょう。

 

 

 

タケルと涼音のセ〇クスを目にして、ムラムラになってきた愛美のオ〇ニーシーンもエロいでしょう。

 

 

 

更に、自身から衣服を脱ぎ、股を広げますが、小麦色に焼けたお肌と、焼けていないところがエッチだと言えます。

 

 

 

おま〇こを「ピンク色の割れ目」と表現するそこの所がすばらしくウズウズした亢奮を覚えました。

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

 

メンバー登録せずとも無料のお試し読みが可能です

 

 

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第4話の思ったこと

実は反抗していたけれど、タケルに挿入なされて感じて行く涼音ということです。

 

 

 

心とからだは裏腹なんだと思います。

 

 

 

責任感なしになか出しさえもされて、今直ぐに抜いてほしかったけれど、挿入した状態で感じる涼音の顔が色っぽくてそそられるのです。

 

 

 

こうした顔つきをされたとしたら、タケルは嬉しいといえます。

 

 

 

いつもツンデレな涼音の感じるシチュエーションはカワイイと思いました。

 

 

 

タケルと愛美のセ〇クスを閲覧していてムラムラして来る愛美は、自分自身でおま〇こに指を入れます。

 

 

 

愛美は日頃からオ〇ニーしてたのでしょうね。

 

 

 

無料試し読みはコチラ

 

 

 

 

こちらの続きは、第5話で!