[達磨さん転んだ/チンジャオ娘]日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第三話のネタバレ

 

従弟の男子に犯されそうな女の子

 

 

 

 

日に焼けるまで〜従姉弟と姉と弟〜

 

第三話「やだ…こっち見ちゃダメっ」隣の布団で従弟に抱かれる姉の顔

 

 

 

のネタバレを案内します。

 

 

 

bookliveコミックのみの独占配信中

 

無料で観覧する場合はこちらをクリック

 

 

 

 

メンバー登録せずとも無料のお試し読みが可能です

 

 

 

 

 

第二話の感想はコチラです

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第三話のストーリー

すぐ傍で姉の涼音がタケルの口でイカされてしまったことで、自分だって負けたく無いと感じるヒロト。

 

 

 

自分だって愛美をイカせたい!!

 

 

 

一所懸命になるヒロト。

 

 

 

ヒロトになおのこと過激におま〇こをなめられて愛美もあまい声をだして感じている。

 

 

 

そうして、愛美もイッた。

 

 

 

 

 

そのとき、「ただいま」と両親達が帰宅した。

 

 

 

急遽パンツをはく二人。

 

 

 

落ちてあるテッシュも速攻でかたずける。

 

 

 

この夜は布団を4つセッティングして敷き、雑魚寝すことになる4人。

 

 

 

3年前においても雑魚寝してた4人。

 

 

 

昼間、おちんちんを見せ合ってさわり合い、イク体験をしてムラムラしてしまう4人。

 

 

 

耐えられなくなったタケルがいきなり起き上がって、寝てる涼音の上にのる。

 

 

 

そうしておま〇に無理やり入れようと試みる。

 

 

 

涼音は弟のヒロトと愛美に対して止めるように言う。

 

 

 

しかし、誰一人として助けて貰えない。

 

 

 

ヒロトもムラムラした感情がもたらされていたようです。

 

 

 

 

 

「待って」

 

 

 

涼音が口にしても、タケルがむりやり入れる。

 

 

 

まだまだセ〇クスの実績のない涼音のおま〇こは狭かった。

 

 

 

狭いおま〇こをかきわけて奥深いところへと一気に進むタケル。

 

 

 

思いがけず声を出す涼音。

 

 

 

抜いて

 

 

 

涼音が口にしても、タケルの腰は有無を言わさず動いてしまう。

 

 

 

 

 

そのうち、涼音も気持ちよくなってしまう。

 

 

 

あまい声をたてることとなる。

 

 

 

感じている表情をみないで欲しい涼音はヒロトに「こっちをみないで!」といった。

 

 

 

しかしながら、ヒロトはセ〇クスで姉が感じている表情をちゃんと目にしていた。

 

 

 

 

 

出そう

 

 

 

イキそうな感じのタケル。

 

 

 

なかは駄目…

 

 

 

とお願をする涼音。

 

 

 

しかし、タケルは涼音の中において射精してしまう。

 

 

 

おなかの中においてタケルのチ〇ポがビクンビクンしてることを感じ取る涼音。

 

 

 

タケルからキスをされ、とろける顔の涼音でありました。

 

 

無料で観覧する場合はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第三話の見所

第三話の良い所は何はともあれ、抗う涼音にタケルが入れるシーンです。

 

 

 

涼音のパジャマは透けており乳首が現れます。

 

 

 

タケルは涼音の手首を掴み反抗することが難しい様にしています。

 

 

 

そうして、涼音の膝を曲げて膝の場所がおなかの上に来る様に丸くなってます。

 

 

 

こちらの体勢はタケルからおま〇こがもろ見えの体勢で、おまけに奥の奥の方まで挿入可能な体勢だと言えます。

 

 

 

手首を固定化されておりますし、おま〇こもろ見えで挿入もやりやすいということです。

 

 

 

暗い部屋でも入れ易い体勢であります。

 

 

 

そうして、狭いおま〇この中に入って行くワンカットは亢奮だと言えます。

 

 

 

更に犬かのように腰を振る部分が何度みたとしても亢奮します。

 

 

 

中出しされて衝撃であったけれども、そういう感情もわずかでチ〇ポが気持ちよく変わっていく涼音だったのです。

 

 

 

女に変わってしまいましたね…

 

 

 

この際の涼音の表情も見ものと言えます。

 

無料で観覧する場合はこちらをクリック

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第三話の思ったこと

いとこで雑魚寝はあるあるだと思います。

 

 

 

私もしたことがあると思われます…

 

 

 

でもある年となってからはいつの間にかしないようになりました。

 

 

 

思春期ですとちょっとしたことからこういったことが引き起こされてしまうかも知れませんね。

 

 

 

両親もまさかこども達がセ〇クスをやっている、などとは想像するはずも無く、これはもう好きなように人目につかない様にエロい事がやれそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

タケルのまだまだ小さな細い体が乱暴に、涼音に入れるワンカットは亢奮します。

 

 

 

幼さの中において男が感じられます。

 

 

 

昼間に口で射精してもらって、おま〇こに指を入れ込んでしまうと、なおのことこの先に行ってみたくなるというのは自然のことじゃないでしょうか。

 

 

 

まだまだ幼いタケルの挿入場面はエロくてとても良いです。

 

 

 

幼くてもチ〇ポはとっくに剥けていますので、そこのところはおとなだと言えます。

 

 

 

外見からは体がちっちゃいため、おとな同士のセ〇クスとは異なるエロさが見られます。

 

 

 

涼音も反抗しつつも、胸の内では甘んじて受け入れていた様な感じもします。

 

 

 

タケルが涼音の中においてイッた後、入れたままキスする場面は涼音の表情がカワイイです。

 

 

 

セ〇クスで感じた満足感を得た女性の顔をしているのです。

 

 

 

けれどもあっけなく中出しセ〇クスをしてしまったのです。

 

 

 

セ〇クスを遊びの様に感じている従姉弟達のこの先のセ〇クス遊びが期待できます。

 

 

無料で観覧する場合はこちらをクリック

 

 

 

 

 

メンバー登録しないでも無料のお試し読みが可能です