[達磨さん転んだ/チンジャオ娘]日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第二話のネタバレ

 

従弟に犯されそうな女の子は画像をクリック

 

 

日に焼けるまで〜従姉弟と姉と弟〜

 

第二話 「姉ちゃんがあんな声で…」姉の喘ぎを聞きながら貪る従姉の味

 

 

 

第二話のネタバレをご覧くださいませ。

 

 

 

bookliveコミックのみの独占配信中

 

無料立ち読みはコチラ

 

 

メンバー登録不要で無料のお試し読みが出来ます

 

 

 

 

 

第一話の感想はコチラです!

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第2話のあらすじ

従姉の手にてなり振り構わず射精した弟達。

 

 

 

顔面に掛けられても不快な顔しない姉達。

 

 

 

「顔面に出すのありえないですけど〜」

 

 

 

と言って、しかしながら不快な顔はしない涼音。

 

 

 

愛美は手にくっついたヒロトの精液をなめて見る。

 

 

 

「変わった味やね…」

 

 

 

無邪気に笑う愛美。

 

 

 

愛美は涼音にもなめて見ない?と言って見るが、涼音は断る。

 

 

 

 

 

 

 

「その次は私たちの番ね…」

 

 

 

スカートをはいたままでズボンを脱ぐ涼音と愛美。

 

 

 

二人立ち並んで廊下に腰を下ろす。

 

 

 

そうしてから、おま〇こをのぞかせるために足を広げる。

 

 

 

涼音の前にタケル。

 

 

 

愛美の前にヒロト。

 

 

 

二人はスカートをまくり上げて、直前に腰掛ける従弟のみにおま〇こをのぞかせる。

 

 

 

弟には隠しております。

 

 

 

目前のおま〇こを確認する2人。

 

 

 

じっ〜とじっくり見る二人。

 

 

 

「ウチのアソコ変じゃない?」

 

 

 

気恥ずかしそうにヒロトに質問する愛美。

 

 

 

女の人のおま〇こを生まれて初めて見たヒロトにはこれがおかしいかどうであるのかさっぱりわからない。

 

 

 

「お、おそらく…」

 

 

 

このように回答するヒロト。

 

 

 

愛美のおま〇こは蒸れた牛乳と同じ様なあまい臭い…

 

 

 

ヒロトはこんなふうにおもう。

 

 

 

 

 

「涼姉のおま〇こに毛が生えている」

 

 

 

と無邪気に言うタケル。

 

 

 

 

 

これに耳を傾けて、姉が発毛している事を知ったヒロト。

 

 

 

えっ!姉のアソコに生えてる…?

 

 

 

ついつい姉の方を確認してしまいました。

 

 

 

「こっちみないで!」

 

 

 

と姉にツッコミを入れられるヒロト。

 

 

 

姉のおま〇こをイメージするヒロトでありました。

 

 

 

 

 

愛美は体の成熟とは異なり、おま〇こにいまだに発毛していませんでした。

 

 

 

タケルに発毛して無いのはお子様ま〇こだと教えられて、愛美は悲しそうな顔をする。

 

 

 

「ヒロ君はアソコに発毛してるほうが好み?」

 

 

 

と質問する。

 

 

 

「ぼくは毛が生えて無い方がいいなあ」

 

 

 

このようにヒロトが回答すると、フン!!とすねる涼音。

 

 

 

 

 

 

 

「指挿入して見てええよ」

 

 

 

愛美が口にする。

 

 

 

ヒロトがジワジワと愛美のおま〇こに指を入れ込んで見る。

 

 

 

愛美のおま〇こはネチョネチョして温かかった。

 

 

 

おま〇このなかをいじくって見るヒロト。

 

 

 

指を入れ込んでいじくるとクチュクチュといった音が耳に入ってくる。

 

 

 

 

 

タケルもすぐさま涼音のおま〇こに指を入れ込んで見る。

 

 

 

タケルは一気に奥の方まで挿入してしまいます。

 

 

 

「駄目!こんな奥の方まで!」

 

 

 

涼音に教えられるタケル。

 

 

 

タケルが指を挿入すると涼音のおま〇こがドンドンびっしょり濡れて来る。

 

 

 

「なかからドンドン汁が出て来る!」

 

 

 

と楽しむ無邪気なタケル。

 

 

 

 

 

「あ、んんっ」

 

 

 

涼音はあまい声をたてる。

 

 

 

涼音のおま〇こがタケルの指にいじくられると、くちゅくちゅと音が耳に入ってくる。

 

 

 

この音を特別な想いで聞いてるヒロト。

 

 

 

 

 

愛美はヒロトにおま〇こに指を入れられて、真っ赤を表情をしている。

 

 

 

「もっともっと奥の方まで挿入して」

 

 

 

「裏の場所をほじくる様にいじくって…」

 

 

 

とお願いをする愛美。

 

 

 

「自分自身でしたのと他人にされるんじゃ違うね…」

 

 

 

と呟く愛美。

 

 

 

 

 

いきなり、涼音のおま〇こに顔をうずめてなめはじめるタケル。

 

 

 

ビクンビクンと変化する涼音。

 

 

 

「ここのちっちゃいチ〇ポみたいなものを舐めて良い?」

 

 

 

タケルがちゅぱちゅぱと舐め始めたら、

 

 

 

「あっ、そこの部分は敏感な所だから…」

 

 

 

「あっ、あっ」

 

 

 

涼音はあまい吐息をもらす。

 

 

 

こんな姉の感じてる顔を冷静になって確認するヒロト。

 

 

 

涼音は手で口をふさぎ、眼はうるうるし、感じた。

 

 

 

 

 

涼音のあまい吐息を聞いて、愛美も同じ様にやって欲しいといった。

 

 

 

ヒロトも愛美のおま〇こを舐める。

 

 

 

愛美のおま〇こをなめると、

 

 

 

おま〇こはしょっぱくて桃の様にあまい味がしました。

 

 

 

 

 

涼音はビクンビクンと揺れたり、聞いたことがないあまい声をもらす。

 

 

 

タケルにおま〇こをなめられて、イキそうな涼音はかすかなか弱い声で

 

 

 

「もう止めて…」

 

 

 

と呟く。

 

 

 

タケルの口でイキそうになる涼音。

 

 

 

こんな姉の感じてる顔を目にして、タケルにライバル意識を燃やすヒロト。

 

 

 

愛美をイカせようと舌をうまく使いおま〇こに刺激を与える。

 

 

 

愛美もヒロトの舌で感じられて、あまい声をたてる。

 

 

無料立ち読みはコチラ

 

 

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第二話の見所

私自身が感じ取った2話においての見所をお教えします。

 

 

 

次は私達の番ね…このように言ってパンツを脱ぐ2人。

 

 

 

高校生の二人がパンツを脱ぐ時に、パンツがコンパクトに丸まる部分がリアルでそそられました。

 

 

 

そう簡単にはすぐ近くで高校生のパンツを脱ぐ所は目にするタイミングはないですよね…

 

 

 

胸が高鳴ります。

 

 

 

二人立ち並んでスカートをまくりあげ、おま〇こをのぞかせる場面も堪らないです。

 

 

 

涼音のお肌は白く、太ももも綺麗だと言えます。

 

 

 

今にも純白のおま〇こが見えそうな感覚もエキサイトします。

 

 

 

ついつい、涼音のおま〇こを妄想してしまいそうです。

 

 

 

愛美は日焼けしており、太ももにおいてもこんがり焼けております。

 

 

 

二人の女の子のお肌の色が異なることも、おま〇この違いを妄想してしまいがちです。

 

 

 

涼音のおま〇こを舐めるタケルの口元がチラリと見れます。

 

 

 

まだまだ中学生位のタケルが、舌を用いる感覚がエロくてやばいでしょう。

 

 

無料立ち読みはコチラ

 

 

 

 

 

メンバー登録せずとも無料のお試し読みが可能です

 

 

 

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜第二話の思ったこと

涼音と愛美が二人並んで座り、スカートをたくし上げ目に映る従弟にのみおま〇こを見せつけているシーンがエキサイトします。

 

 

 

スカートでおま〇この所が陰となっていて、薄暗い感覚が想像をかきたてられるのです。

 

 

 

すぐ近くであの様に生のおま〇こが出てきたら…どれだけハッピーでしょう。

 

 

 

二人がパンツを脱ぐシーンもおすすめです。

 

 

 

パンツを脱ぐシーンというのはいやはや最高だと言えますね〜。

 

 

 

おまけに高校生くらいの女の子のパンツですから、エキサイトしないはずがないです。

 

 

 

 

 

弟達が二人の従姉のおま〇こに指を挿入するシーンも亢奮します。

 

 

 

まだまだ女性経験も無く指を挿入する事も生まれて初めてです。

 

 

 

ヒロトに指の挿入し方が途中で成長しています。

 

 

 

スタートした時はおっかなびっくり挿入していたけれども、途中からいやらしい手付きとなって、びっくりしました。

 

 

 

是非とも、漫画で閲覧して亢奮して頂きたいです。

 

 

 

タケルはちっちゃなチ〇ポ(クリ〇リス)が、女の人が感じるところであるとはよく知らないようでした。

 

 

 

しかし舌を活用して舐めたり、刺激して、涼音をすごく感じさせちゃってます。

 

 

 

小さいタケルが涼音を感じさせておりますシーンがエロくて亢奮するわけです。

 

 

 

涼音のイキそうな顔が何とも言えません。

 

 

 

体は振動して、表情は赤くなって、目に涙がこぼれそうとなっているのです。

 

 

 

涼音の仕草、表情も堪らないです。

 

 

 

小さなタケルからイカされるなど…少しもどかしい気持ちもします。

 

 

 

涼音の表情は女性、に他ならないです。

 

 

 

涼音のか細いくらいの感じ方を近くで覗いていたヒロトは、タケルが感じさせている結果に悔しさを感じ取ります。

 

 

 

ライバル意識を燃やし、自分だって愛美をさらに気持ちよくさせてあげようとがむしゃらになります。

 

 

 

タケルは中学生ぐらいだと思われますが、この見た目とク〇ニに一心不乱になる姿にギャップを感じてしまうわけです。

 

無料立ち読みはコチラ

 

 

こちらの続きは第三話の感想で!